一般歯科|いわさきファミリー歯科・矯正歯科|大阪府豊中市のファミリー向け歯医者

〒560-0011大阪府豊中市上野西1丁目7-33
ヘッダー画像

一般歯科

一般歯科|いわさきファミリー歯科・矯正歯科|大阪府豊中市のファミリー向け歯医者

一般歯科

虫歯になってしまう原因、それは虫歯の原因となる菌が出した酸によって歯が溶けてしまうことで 起こります。

お食事後の歯磨きがしっかりとできていないと歯にプラークと呼ばれる歯垢がたまり、 虫歯菌はそのプラークを栄養にして酸を排出します。

一般歯科

当院での虫歯治療

いわさきファミリー歯科矯正歯科では、可能な限り『痛くない、抜かない、削らない』治療を目指しております。歯科医院のイメージは痛い、怖い、などマイナスのイメージが先行してしまいますが、時代とともに歯科医療も発達しており、痛くなく、極力歯を削らず、歯を保存する方法も出てきています。当院では患者様とのコミュニケーションを第一に考えており、今お悩みのことに寄り添い、分かりやすく丁寧な説明を心がけ、一方的に治療に取り組むのではなく、患者様と一緒にお口の健康の維持、増進に努めさせていただきます。

痛みへの配慮

麻酔の前に表面麻酔を塗布し、麻酔液をゆっくりと注入します。細い麻酔針を使用し、患者様にとって痛みが少なくなるよう細心の注意を払い治療を行っております。

虫歯はこうして進行します

初期のむし歯

C1初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。まだ痛みもなく、定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。
歯の内部まで進行したむし歯

C2歯の内部まで進行した虫歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態。「冷たいものがしみる」といった症状で気づくことがあります。虫歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

神経まで進行したむし歯

C3神経まで進行した虫歯

虫歯が、歯の内側の神経まで達した状態。「冷たいもの、温かいものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

歯冠が大きく失われた歯

C4歯冠が大きく失われた歯

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、虫歯が歯根まで到達した状態。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まることで、再び激しい痛みが生じます。抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。